1. Top
  2. このまちえぇやん
  3. 【vol.49】 志摩のあじさいの寺

このまちえぇやん

<チャンネルガイド2020年6月号に掲載した内容です>

志摩のあじさいの寺
更新日:2020年5月20日
 志摩市にあじさいの寺と呼ばれている寺がある。志摩市大王町波切の大慈寺である。急な斜面に密集して咲くあじさいは迫力があり、訪れた人達は「これだけの数のあじさいは見ごたえがある。周りの景観も良い」と話す。
 大慈寺があじさいを植え始めたのは1987年、今から約30年前のことである。あじさいが綺麗に咲くまでは5年かかるので、最初の5,6年で一気に1,500株のあじさいを植えた。ホンアジサイやガクアジサイ、てまりてまりなど50品種で、斜面に植えるのは赤、青、白と色の強い花を選んでいるそうだ。あじさいの世話は主に年3回。大型連休が明けた頃に草刈りをし、開花のあとは花の剪定、秋に草刈りをする。住職の秀森一陽さんは「あじさいの木が古くなってきているので、今後は植え替えをしたり、新しい種類を境内の近くに植えていきたい」と話している。
 大慈寺では毎年6月上旬にあじさい祭りを開いている。フラワーアレンジメントやイラストの展示、コンサートや踊りなどが行われ、その2日間で約1,000人の人で賑わい、中には県外から訪れる人もいるという。しかし今年は新型コロナウィルスの関係で5月初旬になっても、開催の目途はたっていない。秀森住職は、今年の開催は中止の方向で考えていると話す。
 花が終わってすぐに剪定されるのは、来年の花に向けて養分を蓄えるためだ。1,500株のあじさいの花をひとつひとつ剪定する作業は、想像するだけでも大変な作業といえよう。しかしこの手間が次の年につながる。今年咲かなかった枝は剪定する必要はない。その枝は、来年咲くからだ。そうしてあじさいは毎年綺麗な姿を見せてくれる。
大慈寺のあじさい
◆開花期:5月中旬~ 6月下旬
◆場 所:法雨山 大慈寺(志摩市大王町波切409)

過去の掲載分

492020年5月20日志摩のあじさいの寺482020年4月20日城跡を彩る大きな藤472020年3月19日始まりは小学校の校庭から 樹齢150年のしだれ桜462020年2月20日700年伝わる神事 今年の天狗は高校生452020年1月20日世襲で受け継がれてきた 前野のお頭神事442019年11月20日職人が作る大台町の新土産432019年10月21日多気へ“おいない” おいないまつり422019年9月20日アコヤ貝の霊を鎮める真珠祭412019年8月16日観音供養 上野会式(うえのえしき)402019年7月19日300年以上続く八朔祭り(はっさくまつり)392019年6月20日鮎を投げ入れて占う 「おんべまつり」382019年5月20日サーフィンが出来る環境に感謝して「関西オープン」372019年4月19日自然の姿を見る 波瀬植物園362019年3月20日自生のヤマツツジを楽しむ 大平つつじ山まつり352019年2月22日着物で厄参り行列 家族の絆を深める342019年1月21日江戸時代から続く 大紀町錦の赤船祭り332018年12月20日一糸乱れぬ高度な演技 多気町消防団の梯子乗り322018年11月20日約200人で歌う松阪の第九312018年10月20日合併以来続く大台町のまつり302018年9月25日秋の夜長に四五百之森コンサート292018年8月20日地域で、学校で、伝統芸能を伝える。282018年6月20日変わらない風景   蓑村の虫送り272018年4月20日60mの藤棚の下 東作さんを偲ぶまつり262018年3月22日1300年続く伊勢山上の戸開け式252018年2月21日地元の歴史を舞台で伝える 劇団白つばき242018年1月23日大台町川添神社に伝わる奇祭 「マダラーク マンザイ」 五身懸祭232017年12月20日鼻かけえびすを囲み初笑い222017年11月20日柚子香る冬至イベント~地の物を、生産者の手で~212017年10月20日人達(みなび)の力、空にあがる みなびまつり202017年9月20日献灯ローソクの炎で文字を描く祈願祭 来迎寺元三大師会式「炎の祭典」192017年8月20日迫力の海上渡御 大淀祇園祭182017年7月20日元禄から続く神事 “射和祇園祭”172017年6月20日祝詞川ホタルまつり、10年目へ162017年5月20日笑顔になるイベント あわび王国まつり152017年4月20日松阪から全国へ 菓子に込める思い 楽菓往来 都古水月本店/中央店142017年3月20日400年以上続く伝統神事 『長龍神事』132017年2月20日大台アウトドアフェスティバル2017122017年1月20日海と山の町、錦 大漁と豊作を願う 錦八幡祭112016年12月20日年始は志摩の海産物で家族団欒 御食つ国・志摩 年末海族市102016年11月20日牛を愛し人を愛し 地域を愛する 松阪牛まつり92016年10月20日山の自転車で、 ヤマジテ。82016年9月20日寝殿造りの建物で 平安貴族気分の観月会72016年8月20日花火との距離、 反響する音 錦花火大会62016年7月20日松阪祇園まつり52016年6月20日伊勢えびに感謝し、大漁を願う 伊勢えび祭42016年5月20日斎王まつり32016年4月20日宣長先生の奥座敷22016年3月20日初午大祭みやげ ねじりおこし12016年2月20日北海道の名付け親 松浦武四郎